3.11

東日本大震災
あれから今日で2年がたちました。
当院の開院直前に震災がありました。
その影響で建築の材料が間に合わず、クリニックは未完成のまま5月の開業となりました。
建築資材は、被災地の仮設住宅の方が優先されるべきなのは当然です。
未完成のままの開業スタート、つい昨日のように思います。
大変なクリニックのスタートでしたが、被災地の方のことを考えると、自分が大変なんてとても思えませんでした。
阪神淡路大震災で被災した地元神戸の人間の僕としては、東日本大震災で被災した方のこの2年の思いはどんなものなんだろうと考えざるをえません。
とにかく、みんなが笑えるように、幸せと思えるように、そう願うばかりです。